FC2ブログ

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  健康  >  低炭水化物の食事は寿命を縮める可能性 米研究が示唆

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝食に牛乳を飲むと朝食後だけでなく昼食後も血糖値が低くなる | トップページへ戻る | コーヒーによる寿命の延長効果は1日何杯まで?

このページのトップに戻る

低炭水化物の食事は寿命を縮める可能性 米研究が示唆

2018年08月31日

低炭水化物の食事は、寿命を最大4年縮める可能性があると示唆する研究が16日、発表された。
という記事 
↓ 
ですが、
記事を読んだだけではなんとも言えない感じがした。

調査の方法にも問題があるようだし。

食生活に関する調査は、
関係する要素が多すぎて、
そこからなにかしらの因果関係を導き出すのはとても難しいか、
もしくは、
不可能なんじゃないかとすら思える。

現実的な見方をすれば、
低炭水化物の食事をしたほうが健康的に生活できる人もいれば、
そうでない人もいるだろう。

結局は、
自分で試してみて判断するしかないのかもしれない。

健康的な食事にいて言えることで、多分間違っていないだろうことは、
うしろめたさを感じることなく食べて美味しいと感じられる食べ物を、腹八分目くらい食べるのがよい、
ということだろう。



関連記事

朝食に牛乳を飲むと朝食後だけでなく昼食後も血糖値が低くなる | トップページへ戻る | コーヒーによる寿命の延長効果は1日何杯まで?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。