FC2ブログ

トップ  >  医療  >  心疾患患者へのクラリスロマイシン使用で注意喚起

心疾患患者へのクラリスロマイシン使用で注意喚起

2018年03月14日

米食品医薬品局(FDA)は2月22日、「冠動脈疾患患者に抗菌薬のクラリスロマイシン(米国での商品名:Biaxin)を使用すると心臓に関連した問題や死亡の長期的なリスクが上昇する可能性がある」とする医薬品安全性情報を発出した。
ということ。

クラリスロマイシンは、 処方される薬の名前として、 
クラリス、クラリシッド、クラリスロマイシン、マインベース、 などがある。 

このことは、 看護師も知っているほうが良いだろうなと思う。
関連記事

週刊現代 2018年 3/10 号 ”血圧が140以上の人は認知症になる” | トップページへ戻る | 妊娠中のバルプロ酸使用は子の成績に影響

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る