FC2ブログ

トップ  >  医療  >  妊娠中のバルプロ酸使用は子の成績に影響

妊娠中のバルプロ酸使用は子の成績に影響

2018年03月14日

抗てんかん薬のバルプロ酸ナトリウムを妊婦が使用すると、子どもの認知発達が障害される可能性が懸念されている。
と言ことで、
実際にデータでもそれが示されているそうです。

バルプロ酸ナトリウムはてんかんの治療に使われる薬。

ほかのてんかんの薬には、
子供の成績に影響の無かったものもあるようなので、
妊娠を考えた場合には、それらが検討される必要があるのでしょう。

薬の副作用に関しては、
まだ因果関係がはっきりしていないものもたくさんあるのだろうなと思います。






関連記事

心疾患患者へのクラリスロマイシン使用で注意喚起 | トップページへ戻る | 大人の咳嗽に対してハチミツ+コーヒーが有用

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る