FC2ブログ

トップ  >  健康  >  強い意志だけでは「減酒」は達成できない

強い意志だけでは「減酒」は達成できない

2018年03月05日

飲酒習慣に問題のある英国の成人約3,000人を対象とした研究から、飲酒量を減らしたいという「減酒」の意欲があっても、その後の飲酒量の減少には結びついていないのが実態であることが分かったという。
ということ。

お酒の依存性というのは、
とても強いのだな。

しかしそもそも、
おいしくお酒が飲めるのは幸せ!
と、考えれば、
減酒をする必要も無くなってしまうのだろうけど。

いかにおいしくお酒を飲むか、
ということを真剣に突き詰めていくと、
おいしくお酒を飲むために健康に気を配る、
みたいなことになってくると思う。

自分の体が元気でないと、
お酒もあまりおいしく飲めないのだな。

おいしいお酒を万全な状況で楽しめるように、普段は減酒する、
というのがいいのかもしれない。


ちなみに、
減酒のために有効なことして記事の中で書かれていたことは、
「自分の飲酒量を記録する」
「酒を飲みたい気持ちにさせる人や場所を避ける」
「飲酒に代わる趣味や活動を見つける」
の、3点。

このなかでも特に、
「飲酒に代わる趣味や活動を見つける」
といのは大切だなと思う。



関連記事

大人の咳嗽に対してハチミツ+コーヒーが有用 | トップページへ戻る | 減量後に空腹感が増す理由

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る