トップ  >  健康  >  超加工食品の摂取量、全がんリスク上昇と関連

超加工食品の摂取量、全がんリスク上昇と関連

2018年03月05日

食事における超加工食品(ultra-processed food)の割合が10%上昇すると、全がんリスクおよび乳がんリスクが10%以上有意に上昇することを、フランス・パリ第13大学のThibault Fiolet氏らが、前向き大規模コホート研究の結果で報告した。
ということ。

超加工食品というのはどんなものなのかと思ったけど、
本来の調理の目的には使われていない香料や乳化剤、人工甘味料を沢山使用”した食品、
ということなのだろう。
超加工食品(ウルトラ加工食品)を避けるだけで、糖質オフに。 家族で料理は健康への必須スキル | Anti-Aging Food Association

しかしそうすると、
今日の夕食に食べたものもだいたいが超加工食品だったことになるな。

ちくわとか、チーズとか、キムチとか、
原材料名に、色々な添加物が書いてあるから。







関連記事

低脂肪vs.低炭水化物ダイエット どちらが体重が減るか? | トップページへ戻る | 病院で薬剤耐性菌が多く潜んでいる場所

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る