トップ  >  医療  >  週刊ポスト 2018年 2/16・23合併号 私が患者なら絶対に飲まない薬 風邪薬

週刊ポスト 2018年 2/16・23合併号 私が患者なら絶対に飲まない薬 風邪薬

2018年02月13日

この本より。

”私が患者なら絶対に飲まない薬”

インフルエンザが重症化すると、インフルエンザ脳炎・脳症という状態になることがあります。このときに、サリチル酸系解熱剤を使用すると、脳の血管を傷つけ、症状が悪化するリスクが出てきます。p59

この解熱剤は医療機関でよく処方される総合感冒薬PL顆粒、ピーエイ、ぺレックスなどに含まれ、実は市販の解熱鎮痛剤にも含まれている。p59


解熱剤は、デング熱でも問題になる場合があるそうだ。

理由がよくわからず急に発熱したときに、とりあえず解熱熱を飲むのはやめたほうがよさそうだなと思う。


高熱を伴う風邪の症状にには、インフルエンザを含むあらゆる風邪に有効で、赤ちゃんから妊婦、高齢者まで使える『アセトアミノフェン』をまず第一に考えるべきでしょう。p59
ということです。



関連記事

トップページへ戻る | 週刊ポスト 2018年 2/16・23合併号 私が患者なら絶対に飲まない薬 花粉症の薬

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント