トップ  >  薀蓄  >  脳異常と犯罪行為の関係

脳異常と犯罪行為の関係

2018年01月29日

脳に病変が確認された後に犯罪行為に及んだ17人の脳画像データを解析した研究の結果、脳病変の位置はさまざまだが、全ての犯罪者の病変が特定の脳内ネットワークと関係していることが示唆された。

脳の変化が犯罪行動に結びついていることがわかったとして、
犯罪行動を起こしやすい脳の構造をすでに持っている人に対して、
どのように対応したらよいのだろうか。

犯罪に至る前からそういう人を監視することが許されるのだろうか。

性格や個性のようなものも、
脳の構造などに関連して説明されるようになることは、
良い面も悪い面もあるなと思う。

関連記事

病的肥満、肥満外科手術で死亡率減少 | トップページへ戻る | TV視聴1日5時間以上で卵巣がんリスクが2倍

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント