トップ  >  健康  >  TV視聴1日5時間以上で卵巣がんリスクが2倍

TV視聴1日5時間以上で卵巣がんリスクが2倍

2018年01月29日

今回、大規模な全国コホート研究であるJACC研究(Japan Collaborative Cohort Study)で、主な座位行動であるテレビ視聴時間と卵巣がん発症の関連を調べたところ、1日平均視聴時間が5時間以上の人は2時間未満の人より2.15倍発症リスクが高かった。
ということ。

ほかのガンもどのくらい増えるのか、
調べてほしいなと思う。

長時間座っていることが体に悪いことは確かなわけだから、
正確な数値はわからなくても、
座る時間を減らせばいいだけのことかもしれないけど。


今だと、
テレビの視聴時間はスマホをしている時間に押されて減少しているかもしれないので、
その結果、卵巣がんが減るとしたら、
スマホの良い効果、とも言えるのだろう。


関連記事

脳異常と犯罪行為の関係 | トップページへ戻る | 2017年に飛躍的発展遂げた糖尿病治療

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る