FC2ブログ

トップ  >  健康  >  日本人のビタミンD摂取量と脳卒中死亡が逆相関

日本人のビタミンD摂取量と脳卒中死亡が逆相関

2018年01月21日

JACC研究(The Japan Collaborative Cohort Study)で日本人集団における食事でのビタミンD摂取量と脳卒中・冠動脈疾患死亡リスクの関連を調べたところ、ビタミンD摂取量が脳卒中死亡と逆相関することが示唆された。
ということ。

ビタミンDは日光に当たることによっても作られるはずなので、
その影響はどうなのだろうかと思う。

日光に当たる人ほど脳卒中が少なくなるとか、
おもにオフィスで働く人と、外で仕事をすることが多い人とかをくらべらたら、
何かわかりそうな気がするけど。



関連記事

友人が多いほど糖尿病になりにくい | トップページへ戻る | 夜間勤務5年ごとに、女性の乳がんリスクは3.3%増加

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る