トップ  >  健康  >  

2018年01月12日

NIPPON DATA80のデータ(14年間追跡)では、日本人女性において、卵の摂取量が年齢調整後の血清総コレステロール(aTCH)および全死亡と関連し、男性では関連しなかったことが報告されている。今回、これらの関連について、別の日本人女性のコホート(NIPPON DATA90)で再評価した結果、卵の摂取量とがん死亡・全死亡との関連が示された。この結果から、卵の摂取量を減らすことが、少なくとも日本人女性にとっていくつかの明確な健康ベネフィットとなる可能性が示唆された。
ということ。

記事によると、

 ・卵の摂取量はaTCHに関連していなかった(p=0.886)。 
 ・背景因子を調整したCox分析で、卵の摂取量は全死亡とがん死亡に直接関連していた
・週1~2個群のがん死亡は1日1個群よりも有意に低かった
・卵の摂取量は心血管疾患死亡と関連していなかった。

と書かれていたけど、
よく言われることとはちょっと違うなと思った。

卵は体にいいのか悪いのか?

卵はコレステロールを上げるので、食べ過ぎもよくないといわれて、
一日一個程度が良いとよく言われると思う。

しかし、
血液中のコレステロールと心血管疾患に関係なく、
一日1個の卵がガンのリスクを上げるとしたら、
一日一個では多すぎるということになるだろう。

今後は、
卵はできるだけ食べないほうが良い、
という方向になっていくのだろうか?



関連記事

高齢者のCaやビタミンD補給、骨折を予防せず | トップページへ戻る | 勉強をすると認知症にならないって本当?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント