トップ  >  医療  >  餅による窒息での院外心停止、三が日に集中

餅による窒息での院外心停止、三が日に集中

2018年01月05日

窒息による院外心停止(OHCA)の約10%が餅による窒息が原因であり、その25%が正月三が日に発生していたことが報告された。
ということ。

病院の外で、窒息によって心停止になった人が100人いたとすると、そのうち10人は餅による窒息で、そのうちの2.5人は正月三が日のうちにおこっている、
ということですね。

こんにゃくゼリーよりも餅のほうがよっぽど窒息事故がおきているわけだけど、幼稚園で餅つきをやったり、高齢者施設で餅が出たりするのは、無くならない。

伝統は仕方がないのかな。




関連記事

若者の「スマホ依存症」、脳画像で異常を確認 | トップページへ戻る | 既婚であることは認知症のリスクを低下させる可能性がある

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る