FC2ブログ

トップ  >  健康  >  既婚であることは認知症のリスクを低下させる可能性がある

既婚であることは認知症のリスクを低下させる可能性がある

2018年01月04日

既婚者と比較し、終生の独身者および死別者では、認知症のリスクが高かった。 
離婚者においては、関連が認められなかった。
と言ことです。

既婚者は独身者よりも死亡率が低いといことは前から言われていたこと思いますが、認知症リスクもひくくなるのですね。

一方で、離婚したら認知症のリスクが増加するわけではない、ということも、ちょっと面白いかなと思います。

死別した場合は認知症リスクが増えるみたいなので、死別するよりは離婚したほうが良い、ということになってしまうのでしょうか。



関連記事

餅による窒息での院外心停止、三が日に集中 | トップページへ戻る | 医師の数が人口当たりで最も少ない県は?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る