トップ  >  医療  >  雨が降ると関節痛の受診は増えるのか

雨が降ると関節痛の受診は増えるのか

2017年12月28日

降雨と関節痛や背部痛による外来受診に関連はないことが、米国・ハーバード大学医学大学院のAnupam B. Jena氏らによる、155万人以上の米国人高齢者のデータを解析した研究で明らかとなった。
ということ。

雨の日に背部痛や関節痛がひどくなっても、
雨が上がってから病院に行くというような人もいて、
天気による影響が外来患者の増加にすぐにむずびつくというわけではないのかなと思う。





関連記事

「砂糖に心疾患やがんのリスク」業界団体がデータ隠蔽か | トップページへ戻る | 交通量の多い道路でウォーキング、心肺機能に悪影響

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント