トップ  >  医療  >  注射の痛みを和らげるパッチ

注射の痛みを和らげるパッチ

2017年12月18日

2017年12月5日、佐藤製薬株式会社は、外用局所麻酔剤のリドカイン・プロピトカイン配合貼付剤(商品名:エムラパッチ)の発売を前に、「注射の痛みに我慢は必要ですか?」をテーマとしたメディアセミナーを開催した
ということ。

記事によると、

海外(英国)を例に平田氏は、「10年以上前から子供の痛みのケアが行われ、エムラクリームのような局所麻酔クリームを日常的に使用し、子供たちの間では『マジック・クリーム』の愛称で親しまれ、注射などの処置の前に塗布する習慣ができていた」と説明した。

ということです。

私は看護師ですが、
そのようなものがあるということを知りませんでした。

日本の医療現場では、
小さな子供でも注射などの痛みを我慢するのが当然
という考え方があるような気もします。

このような薬が、
日本の医療現場にも早く普及すると良いなと思います。




関連記事

「まだ中年」でも5人中1人に機能障害 | トップページへ戻る | 適度な飲酒で全死亡リスクが低減

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る