トップ  >  ニュース  >  83歳殺害「湯につけ5分見ていた」

83歳殺害「湯につけ5分見ていた」

2017年11月17日

東京都中野区の介護付き有料老人ホーム「ニチイホーム鷺ノ宮」で入所者の男性(当時83)を殺害したとして元職員の皆川久容疑者(25)が殺人容疑で逮捕された事件で、皆川容疑者が男性について「お湯につけて5分間くらい見ていた」と供述していることが、警視庁への取材でわかった。
ということ。
83歳殺害「湯につけ5分見ていた」 容疑の元施設職員:朝日新聞デジタル

「布団を何度も汚され、かっとなった」
というのが動機ということ。

まず、この職員が事件を起こした職場で、どのくらいの年月働いていたのかなと思う。

布団を何度もよごすことは、介護現場ではそれほど珍しいことではないのではないかな。

看護師として働いていても、おしっこをするたびに、履いているおむつを脱いで布団の上に出してしまい、一晩に何度も布団をかえるということがある。

それは確かに疲れる仕事だけど、その人はわざとやっているわけではないので、その人に対して腹を立てても仕方がない。

冷静ならそのように考えられるだろうけど、冷静になれなかった理由が何かあるのではないかな?

それから、かっとなったときは、たいてい相手を殴るとか、もっと衝動的な行動をとるものだと思う。

湯につけた相手を5分間みているあいだに、普通だったら、かっとした気持ちも収まってくるだろう。

この動機はこじつけで、何か別の動機がもっとあるような気がする。



関連記事

「スマートドラッグ」27品目、処方箋ない個人輸入禁止 | トップページへ戻る | マダニ感染治療法開発に道 インフル薬有用

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る