FC2ブログ

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  診療報酬  >  在宅療養支援病院の要件の緩和

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22年診療報酬改定関連書籍 | トップページへ戻る | 新型インフルエンザ 治療薬の予防投与で99パーセント感染せず

このページのトップに戻る

在宅療養支援病院の要件の緩和

2010年04月12日

200床未満の病院でも、24時間365日体制をとり、届ければ在宅療養支援病院となり、在宅療養支援診療所と同じく、往診料、ターミナルケア加算、在宅末期医療総合診療料、在宅時医学総合管理料、特定施設入居時等医学総合管理料、退院時共同指導料Ⅰなどが高い点数となるようになった。
参照↓
http://yuunomori2.jugem.jp/?eid=105

もしくは、
この資料

http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-003.pdf
の、151ページ

抜粋
許可病床数が 200床未満の病院であること、又は当該病院を中心とした半径4キロメートル以内に診療所が存在しないものであること。なお、半径4キロメートル以内に当該病院以外の病院が存在しても差し支えない。また、当該病院が届出を行った後に半径4キロメートル以内に診療所が開設された場合にあっても、当分の間、当該病院を在宅療養支援病院として取り扱うこととして差し支えない。
関連記事

22年診療報酬改定関連書籍 | トップページへ戻る | 新型インフルエンザ 治療薬の予防投与で99パーセント感染せず

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。