トップ  >  医療  >  ィンランドの認知症死亡率は世界一高い

ィンランドの認知症死亡率は世界一高い

2017年10月11日

フィンランドの認知症死亡率は、世界の中でも最も高いのだそうだ。

記事中に、フィンランドで認知症の脂肪率が高い原因の可能性としてあげられているのが、

・非常に寒く、湿気が多い気候のため、神経毒性のマイコトキシンを産生するカビを住宅に宿しやすい。
・フィンランド湾およびフィンランド湖には、認知症および認知症関連障害を引き起こすことが知られている神経毒性のβ-N-メチルアミノ-L-アラニンを産生するシアノバクテリアが存在する。
・上記の毒素は、フィンランド水域にみられる水銀やメチル水銀により増強される可能性がある。
・フィンランドの土壌は、自然界ではセレンが少ない。セレン欠乏により、神経毒性に対して保護的に働くグルタチオンの量や有効性を低下させる可能性がある。

認知症の要因にはいろいろなものがあるようだけど、
死亡診断書に医師が死因を「認知症」と書けば、
それだけで「認知症」の死亡率は上がるのではないかという気もする。

死因ではなく、発症自体は多いのだろうか?

私は日本の医療の現場で働いていて、
死亡診断書を見る機会も多いのだけど、
死亡診断書の死因に、「認知症」と記載されることはあまり多くない。

認知症があったとしても、多くの場合、ガンとか心不全とか、多臓器不全とか、そう言うのが死因になる。

フィンランドでは、死因に「認知症」とかく医師が多い傾向があるとか、そういうことはないだろうかと思った。


関連記事

マダニ感染症 犬からヒトへの感染初確認 | トップページへ戻る | プール中の「塩素と尿」で呼吸器症状リスク

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント