トップ  >  ニュース  >  「薬剤を過剰投与」高校生死亡和解金1億円

「薬剤を過剰投与」高校生死亡和解金1億円

2017年10月05日

大阪府高石市の高石藤井病院で2015年、点滴を受けた堺市の高校3年の女子生徒=当時(18)=が急死したのは不適切な薬剤投与が原因だとして、両親が病院を運営する医療法人「良秀会」(堺市)と医師に約1億2700万円の損害賠償を求めた訴訟があり、大阪地裁で3日までに和解した。病院側が診療に落ち度があったと謝罪し、1億円を支払う


生徒は15年12月29日夜、食後に目が腫れ、高石藤井病院の救急外来を受診。点滴を受けた直後に頭や胸の痛みを訴えて意識を失い、約3時間後に死亡した。
ということだけど、
何の薬を点滴したのだろうか?

関連記事

京大病院、調剤ミスか 60代患者死亡 濃度700倍の注射薬 | トップページへ戻る | ドローンで薬を届ける実験

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る