トップ  >  看護  >  「1分間に思い出せる動物の名前の数」でインスリン治療の可否を判定

「1分間に思い出せる動物の名前の数」でインスリン治療の可否を判定

2017年09月27日

「1分間になるべく多くの動物の名前を思い出す」という簡単な記憶力テストの結果で、高齢の2型糖尿病患者がインスリン治療を自己管理できるかどうかを判定できる可能性があるとする研究結果を、横浜市立大学大学院分子内分泌・糖尿病内科学教授の寺内康夫氏らの研究グループが発表した。
ということ。

一分間に11以上動物の名前を思い出せればいいみたい。

長谷川式の認知症テストでは、野菜を思い出してもらうことが多いけど、
動物というのはなにか意味があるのだろうか。

野菜の場合は、
こんにゃく!
とか、
いちご!
とか言われて、
野菜?
って思う事があるけど、
動物だったらそういう微妙な回答はないかな。

龍!
とか、
ムシ!
とか言われたら、
ちょっと迷うか。


関連記事

アセトアミノフェンとアスピリンが在庫切れへ | トップページへ戻る | 認知症を防ぐ2つのポイント

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る