FC2ブログ

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  介護  >  特養は「誤嚥性肺炎製造工場」だった

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーヒーを飲むと長生きできる? | トップページへ戻る | 兵庫医大病院 使い捨ての医療機器、洗って再使用

このページのトップに戻る

特養は「誤嚥性肺炎製造工場」だった

2017年09月21日

12年前に僕がここに来た当初は、1日、3、4回は救急車が来る状況だった。ほとんどが誤嚥性肺炎の患者さんの搬送だった。「1日、1500kcal食べさせなければいけない」と職員が必死だった。それがノルマ。しかし、高齢になれば、そこまで食べる必要がない人も多いのに、無理やり食べさせていた。その結果、「誤嚥性肺炎製造工場」とも言える状況だった
という、
特養の様子が書かれた記事。

歳をとり、徐々に全身が衰えていき、食事が摂れなくなってきたらどうするか?

それが人生の最後だった時代は問題なかったのだろうけど、
老衰して食べられなくなっても、栄養を補う方法がいろいろあると、
その時どうするかを考えておかないといけないのだな。

介護する人は、
そういう人にも食べてもらうのが仕事でもあり、
そういう人がどう頑張っても食べられなくて、さらに弱っていく姿を見守るのは、
辛いことでもある。


関連記事

コーヒーを飲むと長生きできる? | トップページへ戻る | 兵庫医大病院 使い捨ての医療機器、洗って再使用

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。