トップ  >  看護  >   病院食詰まらせ患者死亡事故2500万円で和解

病院食詰まらせ患者死亡事故2500万円で和解

2017年09月18日

高知県檮原町の町立檮原病院で6月、入院中の80代の男性患者が病院食を喉に詰まらせ死亡していたことが12日、同院への取材で分かった。檮原町はミスを認め、遺族と和解し約2544万円の損害賠償を支払うことを町議会定例会で審議、11日可決された。
ということ。

看護師が離れた間に患者さんが一人で食べるということを予想していなかったのかな。



一人で食べている間にのどに詰まらせた患者さんを、何度か助けたことはあるけど。

助けられなかったら、訴えられていただろうか?



関連記事

味噌や納豆を多く食べると高血圧になりにくい? | トップページへ戻る | 製薬メーカーから弁当をもらうと処方が増える

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る