トップ  >  介護  >  VRで認知症体験

VRで認知症体験

2017年08月31日

徳島県内の介護現場などで、現実の世界に入り込んだような体験ができる仮想現実(VR)の技術を使い、認知症の症状を疑似体験する試みが広がりつつある。存在しないものが見えたり、どこにいるのか分からなくなったりといった、認知症の人が陥りやすい状況への理解が深まることが期待されている。
ということ。

VR(仮想現実)にはこういう使い方もあるのだな。


関連記事

カルバペネム耐性菌、医療機関で相次ぎ検出 | トップページへ戻る | アンチエイジングなどを目的に臍帯血の移植 

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント