トップ  >  健康  >  欧米化された食事でも死亡リスクは低下

欧米化された食事でも死亡リスクは低下

2017年05月12日

JPHC研究(Japan Public Health Center-based Prospective Study、主任研究者:津金昌一郎氏)において、日本人の食事パターンと全死因、がん、心血管疾患による死亡との関連を調査した結果、健康的な食事パターンと欧米化された食事パターンでは、全死因および心血管疾患の死亡リスクが低いことが示唆された。
ということ。

記事に書いてあることは分かりにくいけど、
欧米化された食事パターン(肉類、加工肉、パン、乳製品、コーヒー、紅茶、ソフトドリンク、ドレッシング、ソース、マヨネーズの摂取量が多いが、塩の摂取量が少ない)
も、
そんなに悪いものではないよ、
ということなのかなと思う。




関連記事

白ワインは「酒さ」の発症リスクを高める | トップページへ戻る | 自転車通勤者は徒歩通勤者より全死因死亡リスクが低い

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント