トップ  >  看護  >  元准看護師2人無罪主張 暴行否定「正当な業務」 石郷岡病院事件初公判

元准看護師2人無罪主張 暴行否定「正当な業務」 石郷岡病院事件初公判

2017年03月16日

千葉市の精神科病院「石郷岡病院」で2012年、男性患者=当時(33)=が介助中に暴行を受けて寝たきりになり、2年4カ月後に死亡した事件
についての記事。

検察側は暴行があったとし主張し、
被告側は暴れている患者を押さえていたと主張している。

真実はいったいどこにあるのだろうか。

患者はカメラで監視されていたというので、
そのカメラには何か映っていなかったのだろうかと思う。
関連記事

自転車通勤者は徒歩通勤者より全死因死亡リスクが低い | トップページへ戻る | 「主人や嫁という言葉を使うのはやめよう」

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント