トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  夫婦  >  「主人や嫁という言葉を使うのはやめよう」

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元准看護師2人無罪主張 暴行否定「正当な業務」 石郷岡病院事件初公判 | トップページへ戻る | 「子供を潰す・伸ばす」父の習慣と口癖5

このページのトップに戻る

「主人や嫁という言葉を使うのはやめよう」

2017年03月15日

川上未映子さん「主人や嫁という言葉を使うのはやめよう」

という記事を読みました。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/06/international-womens-day-mieko-kawakami_n_15179880.html

記事の大半の部分には納得できるのですが、

大人たちは、「女だから」なんて性別をたてにとって女の子に限界をつくらないでほしい。「女の幸せは結婚と出産」とか言うのもやめて。

という部分についてはどうかなと思います。

結婚が幸せかどうか結婚した後に当人たちが決めることでしょうし、
出産して幸せだなと思うことも、そう思う人は思えばいいことだと思うので、
男性に言わされているのではなければ、
そういうことを大切だと思う人にたいして、
「やめて」という必要はないように思います。

そう思うことも「やめて」というのは、
男性が女性に価値観を押し付けるのと同様に、
他人に自分の価値観を押し付けていることになるのではないでしょうか。

「結婚と出産」の部分が問題なのではなく、
「女の幸せは」という部分が問題なのでしょう。
関連記事

元准看護師2人無罪主張 暴行否定「正当な業務」 石郷岡病院事件初公判 | トップページへ戻る | 「子供を潰す・伸ばす」父の習慣と口癖5

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。