トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  医療  >  ぴんぴんコロリで死ぬと警察に通報?

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「子供を潰す・伸ばす」父の習慣と口癖5 | トップページへ戻る | スクリーニングで肺がんを108件検出するにつき1件の放射線被曝誘発の主要がんが発生する可能性

このページのトップに戻る

ぴんぴんコロリで死ぬと警察に通報?

2017年03月15日

残念ながら現在の日本では、高齢者がある日突然亡くなった場合、特にそれまで病院にかかっていなかった場合など「犯罪の可能性が否定出来ない」という前提で警察が介入するのです。
という現実があります。

記事には、
必要な場合に適切に死因が究明されるような制度を作ってこなかったつけが、世界一の高齢化社会で、高齢者の自然死を警察に届けられてしまうような状況を作り出してしまったのです。
と、書かれています。

国民皆保険で、自宅で死ぬ人の割合がだいたい10人に一人という日本では、
そもそもぴんぴんコロリで死ぬ人があまりいなかった、
ということでもあるかなと思います。


関連記事

「子供を潰す・伸ばす」父の習慣と口癖5 | トップページへ戻る | スクリーニングで肺がんを108件検出するにつき1件の放射線被曝誘発の主要がんが発生する可能性

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。