トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  健康  >  「血圧は低ければ低いほどいい」って本当?

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高脂肪食は1食でも肝臓を傷つける | トップページへ戻る | DNAR指示についてはいまだに本来の定義とは違う意味で用いられるケースがある

このページのトップに戻る

「血圧は低ければ低いほどいい」って本当?

2017年02月26日

という記事を読んだ。

理解するのが難しい記事だなと思う。

記事によると、
50歳以上で心血管リスクが1つ以上あるSBP130~180mmHgの患者9361人を対象に、SBPで120mmHg未満を目指す厳格降圧が、140mmHg未満でよしとする標準降圧よりも心血管イベント抑制の点で優れるかを検証
して、優れていることが分かったということだけど、
心血管リスクのない人やほかの病気を持つ人には、この結果が同じように適応できない、
ということでもあるようだ。

ようするに、
どのくらいの血圧が良いのかということは、人によって違う、
ということなんだろうなと思うし、
ある程度健康な人は、
薬を使って血圧だけを下げることを考えるのではなく、
生活習慣の改善などで自然に血圧が下がる、ということを考えるべきなのだろう。




関連記事

高脂肪食は1食でも肝臓を傷つける | トップページへ戻る | DNAR指示についてはいまだに本来の定義とは違う意味で用いられるケースがある

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。