トップ  >  医療  >  DNAR指示についてはいまだに本来の定義とは違う意味で用いられるケースがある

DNAR指示についてはいまだに本来の定義とは違う意味で用いられるケースがある

2017年02月26日

DNAR指示についてはいまだに本来の定義とは違う意味で用いられるケースがある
ということです。

記事によると、
DNAR指示は本来、悪性腫瘍の末期など、CPRの適応がない患者が尊厳を保ちながら死にゆく権利を守るために「心停止時にCPRを行わないように」とするための指示である。DNAR指示によってCPR以外の治療を差し控えることにはならない。
ということで、
まだまだ誤解されている場合があるということ。

とても勉強になる記事だった。

この記事とともに、
については、
よく読んで勉強しておく必要があるなと思う。

関連記事

「血圧は低ければ低いほどいい」って本当? | トップページへ戻る | 愛と性欲のホルモン「キスペプチン」

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント