トップ  >  健康  >  スキューバダイバーは歯の健康に注意

スキューバダイバーは歯の健康に注意

2017年02月04日

米国内科学会(ACP)および米国家庭医学会(AAFP)が発行した新たなガイドラインで、60歳以上の健康な成人の血圧治療の目標値を緩和することが推奨された。
ということ。

60歳以上の降圧薬処方基準を緩和―米国GL|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

記事によると、
これまで高血圧の境界値は、収縮期血圧(高いほうの数値)で140mmHgに設定されていた。しかし、新ガイドラインでは、60歳以上の成人の場合は収縮期血圧150mmHg以上を治療開始の基準としている。
ということです。

日本では、
血圧がどのくらいが良いのかということについては、
日本高血圧学会とか、
高血圧の新基準とは|高血圧|生活習慣病ガイド|健康コラム・レシピ|オムロン ヘルスケア
日本人間ドック学会とか、
血圧 - 日本人間ドック学会
いろいろといわているようです。

医療現場では、
日本高血圧学会の基準の方が一般的でしょう。

詳しくは、

高血圧治療ガイドライン2014 電子版|日本高血圧学会

いずれにしろ、
歳を取ると、血圧が少しづつ高くなってくるのが普通で、
それは年齢による全身の変化が影響している結果なのでしょうから、
そのあたりのことを考慮に入れずに、
薬を使って血圧だけ下げる、
ということは、
体にとっては良いことではないのだろうなと思います。
関連記事

太陽電池の製造に掛かった電力は何年で取り返せる? | トップページへ戻る | 認知症リスクが低い飲酒量、高い飲酒量

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント