トップ  >  健康  >  認知症リスクが低い飲酒量、高い飲酒量

認知症リスクが低い飲酒量、高い飲酒量

2017年02月04日

1日当たりのアルコール摂取量が12.5g*以下であればリスク低下と関連し、6gで最もリスクが低く、38g以上ではリスクが高まる可能性を報告した。
ということ。

認知症リスクが低い飲酒量、高い飲酒量|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット


アルコール12.5gの目安は、
ビール(5%)約310mL、日本酒(15%)約100mL、ワイン(14%)約110mL、
ということで、
認知症リスクがもっとも低い6gを目指すなら、
上記の量のさらに半分。

350mlの缶ビールを半分も飲めないなんて、
ちょっと寂しいなと思うけど、
そのくらいが本当の適量なんだろう。


関連記事

スキューバダイバーは歯の健康に注意 | トップページへ戻る | 男児に薬誤投与 翌日死亡

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント