トップ  >  健康  >  歩くのが遅いと認知症リスク大

歩くのが遅いと認知症リスク大

2017年01月30日

歩行速度および歩幅の低パターン高齢者は、認知症リスクが高い
ということ。

歩くのが遅いと認知症リスク大|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

速く歩くようにしたら認知症リスクが減る、
というわけでもないと思うけど。

関連記事

今すぐ簡単に始められる健康になる3つの習慣 | トップページへ戻る | インフルエンザとノロの流行は土壌放射線に関連?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント