トップ  >  ニュース  >  インフルエンザとノロの流行は土壌放射線に関連?

インフルエンザとノロの流行は土壌放射線に関連?

2017年01月26日

わが国での最近のインフルエンザとノロウイルス感染症の流行時における定点サーベイランスデータを用いた研究から、これら感染症の流行と土壌放射線が相関していることが報告された。本研究は岡山大学の井内田科子氏らによる探査的研究で、今回の結果から免疫力低下と土壌放射線による照射に潜在的な関連があることが示唆された。
ということ。

インフルエンザとノロの流行は土壌放射線に関連?|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

記事の中で具体的な地域については触れられていません。

そういうことには触れられないのでしょう。

相関があるといっても、
土壌放射線の増加が免疫力に影響を与えているということ直接言っているわけではないので、
数値の解釈は慎重に行わないといけないのではないかと思います。

関連記事

歩くのが遅いと認知症リスク大 | トップページへ戻る | 幹線道路の近くに住む人は認知症リスクが高い

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント