トップ  >  健康  >  塩分摂取削減政策の費用対効果は高い

塩分摂取削減政策の費用対効果は高い

2017年01月23日

(一人の)健康寿命を1年延ばすのに塩分摂取削減政策は2万3,000円要した
ということです。

食生活の改善は医薬品開発よりも効率的に健康寿命を延ばせることがわかった(解説:折笠 秀樹 氏)-635|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

武田邦彦教授は、
減塩(自分の体が必要とする量よりも減らすこと)は良くない、
と言っていますが。

https://youtu.be/K1IrUesx4gs

どっちがよいでしょう?

いずれにしと、
一般的決められた正常値や理想的とされる値に向けて努力することが、特定の個人にとってプラスになるかどうかはわからない、
ということは確かだろうなと思うので、
自分の体はどの程度の塩を必要としているのか?ということをよく考えてみることは、
大切なことだと思う。



関連記事

認知症がイヤなら今すぐコレを辞めろ! | トップページへ戻る | 認知症になりたくなければ◯◯は絶対にするな!

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント