トップ  >  健康  >  妊娠中のコーヒー摂取、子供のADHDへの影響は

妊娠中のコーヒー摂取、子供のADHDへの影響は

2017年01月16日

妊娠中のカフェイン摂取や長期的なアウトカム(子供の神経行動など)を評価した研究は、まだ不十分であり、研究結果は一貫していない。ブラジル連邦大学のBianca Del-Ponte氏らは、妊娠中の母親のカフェイン摂取とその子供が11歳時のADHDとの関連を評価するため検討を行った。
ということ。

妊娠中のコーヒー摂取、子供のADHDへの影響は|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

記事には、
妊娠期間におけるカフェイン摂取は、ADHDと関連が認められなかった。
と、書いてありましたので、
まあ大丈夫なのでしょう。

関連記事

パウダー医療手袋、2年以内に供給停止 | トップページへ戻る | タイトルなし

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント