トップ  >  看護  >  

2017年01月16日

市販の鎮痛薬であるイブプロフェンやアセトアミノフェンを長期使用すると、一部の女性の難聴リスクが高まる可能性があるとの研究結果が「American Journal of Epidemiology」オンライン版に12月14日掲載された。
ということ。

市販の鎮痛薬の長期使用で難聴リスクが上昇か|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

アセトアミノフェンが入っているものというと、
タイレノールとか、ノーシン

イブプロフェンが入っているものというと、
イブとか、バファリン

我が家にも何種類かおいてあって、
飲むこともありますが。

関連記事

妊娠中のコーヒー摂取、子供のADHDへの影響は | トップページへ戻る | 牛乳摂取と認知障害は関連するのか

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント