トップ  >  ニュース  >  高齢者を75歳以上に=65歳は「准」、定義変更提言-老年学会

高齢者を75歳以上に=65歳は「准」、定義変更提言-老年学会

2017年01月09日

日本老年学会などは5日、現代人は心身が若返っているとして、65歳以上とされる高齢者の定義を75歳以上に引き上げるべきだとする提言を発表した。65~74歳は準備期間として新たに「准高齢者」と区分するよう求めた。
ということ。

高齢者を75歳以上に=65歳は「准」、定義変更提言-老年学会:時事ドットコム

法律などのルールを作るときには、何かしらの区切りが必要なのだろうけど、
老化のスピードみたいなものは、個人によってもばらつきがあると思うので、
元気な人は本人が働きたいだけは働けるようにしたら良いのではないかと思う。

おそらくそうしないと、
社会が成り立たなくなっていくのだろうし。

関連記事

牛乳摂取と認知障害は関連するのか | トップページへ戻る | 少量または適量の飲酒は虚血性脳卒中リスクを低減する可能性

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント