トップ  >  健康  >  少量または適量の飲酒は虚血性脳卒中リスクを低減する可能性

少量または適量の飲酒は虚血性脳卒中リスクを低減する可能性

2016年12月22日

少量または適量の飲酒は虚血性脳卒中リスクを低減する可能性があるが、大量飲酒は虚血性脳卒中と出血性脳卒中の両方のリスクを高めるとの報告が、「BMC Medicine」オンライン版に11月24日掲載された。
ということです。

毎日少量のアルコールで脳卒中リスクを低減か|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

自分にとっての適量ということであれば、
ビールにしたらおそらく350mlの缶一本くらいだなと思う。




関連記事

高齢者を75歳以上に=65歳は「准」、定義変更提言-老年学会 | トップページへ戻る | 大口病院の事件について 

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント