トップ  >  ニュース  >  大口病院の事件について 

大口病院の事件について 

2016年09月29日

大口病院の事件、
新しい情報はどんどん出てくるけど、

http://www.sankei.com/affairs/news/160929/afr1609290001-n1.html

なかなか容疑者が特定できないのが、
少し不思議な気がする。

警察の調査によると、
50の点滴のうち10点滴の栓に穴が見つかったということだから、
それだけのことを継続的にやっていたとしたら、
怪しい人はすぐにわかりそうな気がする。

事件に関連がありそうな患者カルテや、職員の勤務状況や、職員の人間関係などを調べれば、
怪しい人は絞られるのではないだろうか?

そもそも、犯人が病院で働いている人なら、
事件が発覚後もそのまま平然と働き続けているということで、
人間にそんなことができるものだろうか?

よっぽど慎重に調査をしているのか、
そうでなければ、犯人はとても巧妙に注意深く犯行に及んでいるのか、
もしくは、全然予想もつかないような人が犯人なのか?

いずれにしろ、
医療に関係する人間の一人として、
早くはっきりとしたことが知りたいなと思う。

関連記事

少量または適量の飲酒は虚血性脳卒中リスクを低減する可能性 | トップページへ戻る | 大口病院の事件について

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント