トップ  >  看護  >  大腸内視鏡検査の前日の絶食は不要?

大腸内視鏡検査の前日の絶食は不要?

2016年06月05日

大腸内視鏡検査で、胃を空にするつらい準備は必要でない可能性が、新たな研究で示唆された。通常、内視鏡検査の前日には固形食を控えて清澄流動食を摂取し、下剤を飲む必要がある。しかし今回の研究では、少量の低繊維食を摂取しても検査への悪影響はみられず、むしろ従来の清澄流動食を摂取するよりも、腸は検査に適した状態になることがわかった。
ということです。

大腸内視鏡検査の前日の絶食は不要?|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

ようするに、
食べないよりも食べたほうがよく出る、
ということみたいです。

医療者が当たり前だと思ってやっていることの中にも、
根拠がなかったり、良く調べると間違っていることって、
けっこうあるのだなと思います。

関連記事

運動が13のがん種のリスクを低減 | トップページへ戻る | 心肺持久力が高いと糖尿病になりにくい

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント