トップ  >  健康  >  心肺持久力が高いと糖尿病になりにくい

心肺持久力が高いと糖尿病になりにくい

2016年06月05日

心肺持久力(cardiorespiratory fitness;CRF)が高いと糖尿病前症や2型糖尿病の発症リスクが低減することが、新しい研究で報告された。
ということですが、

心肺持久力が高いと糖尿病になりにくい|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

しかし、
このレベルにまで心肺持久力を向上させるには、1日30分、週5日の激しい運動あるいは1日40分、週5日の中等度の運動を行う必要があることも判明した。
とも書かれており、
運動で糖尿病のリスクを下げるには、
かなり運動しないといけないのだなと思いました。

ある程度歳をとってくると、
一日30分も激しい運動をしたら、
次の日動けなくなりますね。


関連記事

大腸内視鏡検査の前日の絶食は不要? | トップページへ戻る | 長生きする人の5つの特徴とは?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント