トップ  >  看護  >  ケアマネにとって高い壁、「医師との連携」

ケアマネにとって高い壁、「医師との連携」

2016年05月08日

多職種連携の要と位置付けられるケアマネジャー。しかし、多くのケアマネジャーにとって医師との連携は、相変わらず乗り越え難い壁であることをうかがわせるデータが、厚生労働省の「平成27年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査」(2015年度調査)で示された。例えば、サービス担当者会議(サ担)に病院の主治医の出席を求めるケアマネジャーは1割に満たなかった上、患者の退院時のカンファレンスに参加する病院の医師の割合は、半分程度にすぎなかった。
とういことです。

ケアマネにとって高い壁、「医師との連携」 | 医療経営CBnewsマネジメント

これは、
忙しすぎる医師に気を使ってなかなか呼び出したりできない、
といういことなんじゃないかと思う。

関連記事

ウオノメやタコを治すには? | トップページへ戻る | 「飛び石」 有給取得制度 医療介護で進まず

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント