トップ  >  健康  >  夜の間食で乳がん再発リスク上昇

夜の間食で乳がん再発リスク上昇

2016年04月25日

夜中の間食が好きな乳がん患者では再発リスクが高い可能性が、米カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)ムーアズがんセンターのRuth Patterson氏らの研究でわかり、研究論文が「JAMA Oncology」オンライン版に3月31日掲載された。
ということ。

夜の間食で乳がん再発リスク上昇|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

記事には、
ラットを用いた過去の研究で、夜間の絶食時間が長いと、がんの転帰不良につながる血糖値上昇、炎症、体重増加を予防できることが示されている。
とも書かれており、
夜はあまり食べないほうがよさそうですね。

看護師として働いていて、夜勤やってると、
どうしても夜中に食べることになるので、
体には良くないのでしょう。

夜勤の時も、
夜中にはなるべく食べないようにしようと思いました。

関連記事

朝食抜きで全死亡リスク1.3倍以上 | トップページへ戻る | 日常の血圧を心臓1拍ごとに測定する時代がまもなく到来

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント