トップ  >  健康  >  新トレハロース化合物に高抗老化作用

新トレハロース化合物に高抗老化作用

2016年04月21日

ファンケルは、新規トレハロース化合物「トレハンジェリン」にコラーゲンやエラスチンなどを増やし、シワを改善するなど高い抗老化作用があることを確認した。北里大学との共同研究による成果で、化粧品への開発に応用していく。
ということ。

臨床ニュース | m3.com



干し椎茸は何カ月おいた後でも、お湯あるいは水に浸すと、元の状態にもどります。これもトレハロースの働きのためといわれています。
ということでもあり、

トレハロースとは | TREHA Web -トレハウェブ-

トレハロースには、
細胞を守る働きがあるのだな。


関連記事

腸内細菌 日本人長寿の鍵? | トップページへ戻る | ネコの糞に含まれる寄生虫で「怒り病」生じる可能性

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント