トップ  >  健康  >  ネコの糞に含まれる寄生虫で「怒り病」生じる可能性

ネコの糞に含まれる寄生虫で「怒り病」生じる可能性

2016年04月17日

 衝動的に激怒する傾向のある人は、ネコの糞などに含まれる寄生虫に影響されている可能性があることが、米シカゴ大学のEmil Coccaro氏らの研究で示唆された。
ということ。

ネコの糞に含まれる寄生虫で「怒り病」生じる可能性|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

トキソプラズマは、
人間の性格などにも影響を与えることがあるようですね。
関連記事

新トレハロース化合物に高抗老化作用 | トップページへ戻る | 「酒は百薬の長」を否定する解析結果―適度の飲酒でも寿命延びず?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント