トップ  >  子供  >  就学前に下のきょうだいができた子は肥満になりにくい

就学前に下のきょうだいができた子は肥満になりにくい

2016年04月07日

小学校入学までに弟や妹ができた小児は肥満になりにくいことが、新たな研究で示唆された。第2子が生まれた時点で2~4歳であった場合は「肥満になる確率が有意に低い」と、研究著者で米ミシガン大学小児科学准教授のJulie Lumeng氏は述べている。
ということ。

就学前に下のきょうだいができた子は肥満になりにくい|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

理由は良くわからないみたいですが。

自分の子どもを見ていても思いますが、
姉妹がいると、お菓子とかも分けて食べるようになるので、
そういう影響かなと思います。

あとは、
食べること以外で気がまぎれることが増えるからかなと。

関連記事

子供の好き嫌いの多さに影響する親の精神症状 | トップページへ戻る | 死亡リスクが高い気温は?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント