トップ  >  医療  >  死亡リスクが高い気温は?

死亡リスクが高い気温は?

2016年04月05日

日本を含む世界13の国と地域の384地点で、1985~2012年の異常気温と死亡の関連を調べた結果、非至適温度による死亡は7.71%であり、その大半(7.29%)は低気温によるものであったことが明らかにされた。
ということ。

死亡リスクが高い気温は?/Lancet|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

それから記事によると、

日本の高気温による死亡率は0.32%(同:0.27~0.36%)、低気温は9.81%(同:9.32~10.22%)であった。

最近の猛暑のによって、
高齢者などの熱中症や脱水による死亡がだいぶ増えているのかなと思っていましたが、
寒さのほうが影響が大きいのですね。

関連記事

就学前に下のきょうだいができた子は肥満になりにくい | トップページへ戻る | 患者の怒りを鎮静させる2つの言葉

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント