トップ  >  医療  >   “問題患者”は誤診されやすいと判明

“問題患者”は誤診されやすいと判明

2016年03月28日

対応困難な患者(difficult patient)は良い治療を受けられない可能性があることが、オランダ、エラスムス大学医療センター・ロッテルダム医療教育研究所(iMERR)准教授のSilvia Mamede氏らが実施した2件の研究で示された。
ということ。

“問題患者”は誤診されやすいと判明(2016.3.24掲載)

医療は提供する側と受ける側の双方の信頼関係で成り立っているのだなと思った。

関連記事

ウーロン茶に育毛効果の期待 | トップページへ戻る | 痔の手術後に死亡、賠償命令 病院側に4600万円

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント