トップ  >  看護  >  痔の手術後に死亡、賠償命令 病院側に4600万円

痔の手術後に死亡、賠償命令 病院側に4600万円

2016年03月28日

千葉県四街道市にある四街道徳洲会病院で2010年に痔(じ)の手術を受け、4日後に死亡した女性(当時60)の遺族が、病院を運営する医療法人「沖縄徳洲会」などに損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、千葉地裁であった。
という記事。

医療ニュース | m3.com

縫合不全からの敗血症ということのようで、
痔の手術でもそういう可能性があるのだなと思った。

関連記事

“問題患者”は誤診されやすいと判明 | トップページへ戻る | 特区でロボット使うユニット特養、基準緩和

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

アマゾン広告

カテゴリー

最近のコメント