トップ  >  医療  >  腹部手術後の低酸素血症呼吸不全、非侵襲的換気療法が有効

腹部手術後の低酸素血症呼吸不全、非侵襲的換気療法が有効

2016年03月25日

腹部手術後に低酸素血症呼吸不全を発症した患者に対し、顔面マスクを介して行う非侵襲的換気療法は、標準酸素療法と比較して7日以内の気管再挿管の発生率が12%低下したことが示された。
ということ。

腹部手術後の低酸素血症呼吸不全、非侵襲的換気療法が有効/JAMA|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

医療現場でNIVまたはNPPVが行われる機会は、
どんどん増えていますね。

関連記事

日赤に6千万円賠償命令 左腕まひ「点滴ミス原因」 | トップページへ戻る | 女性は男性よりも心停止時の救命措置を受ける確率が低い

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント