トップ  >  医療  >  女性は男性よりも心停止時の救命措置を受ける確率が低い

女性は男性よりも心停止時の救命措置を受ける確率が低い

2016年03月25日

女性が心停止を起こしたとき、その場に居合わせた人によって救助を受けられる確率は男性に比べて低いことが、新たな研究で明らかにされた。「女性は心臓障害を起こさないという誤った認識があるため、一般の人からも医師からも十分な救助や治療を受けていない」と、研究著者であるジョルジュ・ポンピドゥー欧州病院(フランス、パリ)のNicole Karam氏は述べている。
ということ。

女性は男性よりも心停止時の救命措置を受ける確率が低い|医師・医療従事者向け医学情報・医療ニュースならケアネット

”女性は心臓障害を起こさないという誤った認識”
のせいだろうか?
関連記事

腹部手術後の低酸素血症呼吸不全、非侵襲的換気療法が有効 | トップページへ戻る | ピロリ除菌で全身のがんが予防できるかもしれない

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

広告

カテゴリー

最近のコメント